« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/31

ボロボロ

今日、実家に帰ってfukayaのロードフレームを持って帰ってきました。しかし、正直こいつはボロボロになってました。フレームとしての機能は、まだ大丈夫なのでしょうが、塗装が無残です。そして、エンド幅が124ミリですから、現在のハブは全くつかえません。よって、かわいそうですが、処分の道しか残ってないですね。あいにく、僕は旧車ばっかり取り揃えておりますので、僕が再利用するには、あまり不都合を感じないのです。しかし、もう使うことは無いだろうなぁ~。オブジェにしちゃおうかな~。ってなんないよね。

ちなみに、僕は以前、このフレームに650Aのホイール+クロカンタイヤつけて、ブレーキはシマノ600EXのセンタープル(カンチつかないから・・・・)。そして、ドロップバー&サンツアーのコマンドシフターつけて、メカはシマノ600。クランクはスギノPXのトリプルをダブルにして(28×38)乗ってました。しかもリア5段。ああ、ちょっとマニアっく。

だけど、今、考えると、流行のコンパクトドライブなんて、昔からやってることなんですよね~。学生時代は、お金持ってなかったから、本当、四苦八苦しながら、自転車組み立ててました。ちなみに、この自転車は、親友HAGI^2と共同制作です。

060530

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/30

テル元気

テル元気になりました。今日から、幼稚園アタックです。しかし、随分、体強くなりました。やっぱり、週2回のスイミングが効いてるのかな~。だけど、好き嫌いが多い。なんで、イチゴとかミカンが食べれないかな~???スッパイカラ?

おーっと、それと昨日は29インチMTBの日。広めるの、忘れてました。

またまた、昨日になりますが、夕方、自転車小屋の見積りお願いしました。当初より、かなり広い自転車小屋になりそうですね。自転車10台は楽勝でいけます。さて、さて金額は・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2006/05/29

テル?????

長男テルが、昨日の昼からどうも体調がオカシイ!?
昨日、テルはゲームしながら、顔が真っ赤になってたので、おでこに手を当てたらあつかった。ゲームごときで、熱くなりやがってと思って、体温測ったら39.8℃!?

しかし、強くなりました。前のテルなら、こんな時、遊ぶ気力さえなかったのに・・・・。体温の上昇を待って、お尻に座薬を投入・・・・。

だけど、少しあせってます。皮膚は日焼けと体温で赤茶っぽくなってるし、目がちょっとカユイらしい(少しウサギ目)。うう~。川崎病再発かしらん????

今日は、サイセイカイ(川崎病の時に入院した病院)に行ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/26

汗汗フェスタ

汗汗(カンカン)フェスタ(MTB3時間耐久XCレース)の申し込み用紙が送られてきました。今年も、ソロで申し込もうと思います。昨年まで、いつもチーム名をすごい悩んで、つけたりしておりました。私の父(現在67歳・既に自転車は引退)とペアで出てた頃は、『TEAM TANABECK』とかで出てましたね~。そうそう、父とはその他、ショートのトライアスロン(51.5km)とかも一緒に出てたんです。
全然関係ないので、話を戻します。
今年のチーム名はSCC(下関サイクリングクラブ)です。先日、サイクルピット240さんで、お仲間に入れてもらいました。チームの皆様、よろしくお願いします。
しかし、8月の一番暑い時のレースなので、真面目に練習しとかないといかんなぁ~。

さてさて、今週、タカギ選手は仙台でJ1のレースです。ちょっと体調を壊されているようですが、頑張ってください!!
またまた遠くから応援させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/25

朝下り

朝REX順調です。登りを強化したいので、最近近所の山の周回コース(1週2.7km)を走ります。
登れば当然下るのですが、↓草の上を約400mぐらい下ります。

0605251
















5回ぐらい下っちゃうと、↓こうなります。

0605252





























おかげさまで、僕は昼休みREX号のお掃除。
別に、REX号と対話できるので良いのですが・・・・・。
だけど、服まで泥で真っ黒になるんですね。
マッドガードでもつけましょうかね~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/23

ローディー

日曜日、とあるところで、補給食のおにぎりを食べるため止まってたら、遠くの方からシャーってカッコいい赤いロードに乗られた方が通っていかれました。簡単にペコリと挨拶を交わし、そのまま走り去っていかれました。

そして、昨日の夜、某チャンネルで、giro d’italia見てたら、ちょっとロードに乗りたくなって来た・・・・・。

出たっ。僕の気分屋さんの気質が・・・・。はて?愛機Z-1(ZUNOWEAST SACHS Z-1)号を、最後に外で乗ったのはいつだっけ?平成9年の国東160kmかな~????今、何年だ?平成18年?えっ・・・9年間も外で乗ってないんだ・・・・・・・・・(ただ、ローラー台でコギコギはしてました)。もはや絶句ですね。スマヌZ-1よ。

だけど、その間いろんなことがあったのです。アルバイトが忙しかったり、結婚して子供が生まれたり・・・。ようやく、2年前ぐらいから、また、自転車様たちに乗れる時間ができてきたんです。

さぁ~。長い年月が経ちましたが、Z-1も起動です。

0605231

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006/05/22

山サイ休業

雨もたくさん降って、気温も上がってきましたので、山(登山道)に入ると緑が芽吹いています。自然に生えてる、雑草たちも、すごく元気が良くて、ビュンビュン成長してます。山の植物は、今、一番元気がよいですね。僕は、しばらく、登山道に入るような山サイクリングは休業です。自転車で登山道を走ると、どうしても木々や草たちを傷つけてしまうからです。それに、これからの時期は、レーパン+ジャージなので、自分の体も草で傷つけちゃうからです。また10月くらいからかな?登山道に入るのは。しばらくは林道とか、比較的広いシングルトラックの里山ライドを中心に走ろうと思います。

さてさて、REX(VOODOO DAMBALA 29er)号。不満点はほとんど無いのですが、お小遣いがたまったら交換したい部品が出てきました。

クランク:クランクは現在FSAの170㎜がついてます。僕は、175㎜がベストサイズなので、そのうちシマノXTの175㎜に交換したいです。また、Fメカはシマノ製(ラピッドファイヤー)で、前述のクランクと互換性があるとは思うのですが、やっぱり、ちょっと変速のとき、気持ちよく入らないです(Fメカ)。例えば、Fメカをインナー側シフトチェンジするとき、パワーをかけたままシフトチェンジすると、チェーンをクランクに巻き込んだり、下手するとチェーンが外れたりします
スプロケの形状とかスプロケの各段のオフセットが若干シマノさんとこと違うのかな~?調整は細かくしたんですが、やっぱりイマイチなんです。

夏の3時間耐久レースまでには部品交換したいなと思ってるんですが、もうちょっと様子みながら考えます。

しかし、昨日のライドで、今日は脚が張ってますなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/21

白滝山のシロ

本日快晴。あさ、4時起床。そして4時半家を出発。
0605211

















菊川の某ダムにジムニー号を止めて、まずは、華山の南側を登った。
そのまま下って、白滝山へ。
白滝山の林道入口からは、今日は先導つき。一匹の白い犬(飼い犬)が、僕の前をずーっと走り続ける。しかし、早いな~。追いつきゃしない。そのまま、白滝山の頂上付近までついてきた。ずいぶん、人なつっこく、いつもは登山客の先導してるんだろうね。名前は何だろう?白滝山に住んでて、毛が白いから『シロ』にしよう。しかし、シロが、日本で一番、白滝山登ってるんだろうな~。シロ。また一緒に登ろうな~。

0605212





























そして、下る。しかし、ここの林道、結構荒れている(ガレ場・転石が多い)んですけど、先代のセロー号(26インチ)に比べると随分と楽でした。とにかく、荒れている路面状況においては、29インチは安定しており、気楽に走れます。そして、何よりも、下ってきたときの、手のシビレ感が全然違う。まぁ~これは、サスの進化のせいでもあるのかな~?

そして今度は華山まで戻り、北側を登り、帰路に着きました。

走行距離:80kmの2000mアップぐらい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/20

小倉へ

本日は家族サービスDAY。お船に乗って、九州小倉へGO!!

実は、僕自身、5年ぐらい小倉の街へ買い物に行っておらず、本当最後に行ったのはいつだか定かではないのですが、リバー・ウォーク(ショッピング・モール?)が出来てた(笑)。本日の買い物の目的は、こども服だったのですが、いつも買っている店よりは安いらしい!?

僕は買い物がとても苦手と言うか、メンドクサイ人間なのです。服なんかほとんどネット買い。買うメーカー(ブランド?)なんか、毎回同じだから、サイズも考えなくて良いのです。モンベルとかフェニックスだとかノースフェイスなどなどの山用品ばっかり。機能的なものであれば、なんでも良いのです。だけど、最近は、ちょっぴり値段に引かれて、ユニクロ行ったりしますね~。このままだと、おじさん一直線ですなぁ~。

お昼は、リバー・ウォークのラーメン屋に行きました。旭川ラーメンのsaijo(さいじょう)っていう塩ラーメン。麺は、九州には無いちょっと太目のチジレ麺。スープはアッサリ目。だけど、コクがあったな~。そして麺にもスープにも、北海道直送の大雪山の水を使ってるそうです。美味しかったですよ。

しかし、このリバー・ウォークって言うところは、本当に直ぐ横に小倉城が面してるんだね~。

06005201

さぁ~。明日こそは、自転車乗りたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/19

坂登りたい

今週は1週間雨でした。おかげで、自転車乗ってないです。こんなに乗れないと、お山が恋しくなっちゃいます。坂登りたい~。

アルバイトも一段落したので、今日はお家でビールでも飲みますか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/18

クイック

シートポストのクイックを購入しました。REX号(VOODOO DAMBALA 29er)のシートチューブは、30mmと非常に珍しい部類のサイズで、対応できるクイックなかなかありませんでした。けど、これで、山に入れるぞ~。しかし、最近のクイックて、デザインもよろしいようで・・・・。しかし、お値段もよろしいようで・・・・。

060518

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/17

パンダ・エブリよ

060516

パンダ・エブリ号(10歳)。今のバイト先に来て、約5年間お世話になりました。ラジオ無し。ヒーター+エアコンが効かない。重ステ。
エンジンぶん回しても、文句も言わず、全く壊れなかったね。君が去っていくのは、とっても辛いけど、ここの会社じゃ~、車は10年で買い替えなんだって。ご免よ~。0605162

そして、新しいバイトマシン。スバル・サンバー号。アミーゴ!!
RR(リアエンジン・リアドライブ)。660なのに4気筒エンジン。さらに、四輪独立懸架(ダブル・ウイッシュボーン)ときた。そして、エンジンにパワーアップスイッチがついてるぞ。
さてさて、いかがなもんかな?

しかし、こんな車、家に1台あったら、自転車積むのに便利だな~。

0605163_1

ちょっと、まった~。

ジムニー号:BLOGではお初です。オーナー、僕はどうなるの?

TANABECK:おお、ジムニー号(4歳)よ。君は見捨てたりしないよ。だって、君の走りは、上の2台にはマネ出来ないしね。君の先代のジムニーJA71号では、東北や房総の林道よくいったな~。あの時の楽しさが忘れられないから、君が今ここにいるのさ~。我家の子供たちも、カタカタ道(グラベル)のトリコだしな~。

ジムニー号:と言うことは、僕は続行ですね。

TANABECK:もちろんだとも。今後ともよろしく頼むぞ。しかし、2人乗って室内に自転車2台は積みたいのだが、何とかならんかい?しかし、REX号は先代のセロー号に比べて、一回り大きくなったから、あんまり無理も言えんしな~。

ジムニー号:無理っぽいです。だけど、リア・シート思い切って、外してみませんか?

TANABECK:それもいいけど、4人乗れないと不便なんだよね~。やっぱり、キャリアに乗せるしか無いのかな・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/05/15

ブッタタク

0605153_3

とりあえず、トンカチでブッタタイテ、カンチ台座をねじ込みました。これで大丈夫。しかし、REX号よ。ブッタタイテごめんよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

REX号ピンチ

お昼休みは、REX号の掃除時間なのですが、体(REX号)をフキフキしてたら、なんとサスが壊れかけていた。構造上、サスペンションフォークのマスターシリンダー側が、上側と下側に二分割されるようになっているのですが、この部分が今にも外れそう。ううううう。REX号よ~。ワランティー効くかな~???

0605151










↑写真追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/14

父親遠足

今日は父親遠足でした。僕はかなり、疲れました。テル(4歳)がこんなにヤンチャ坊主だったとは・・・・・。一人で喋って騒いでました。ん~、もっと静かな子だどばかり思ってました。子供はわからんもんだな~。

実際は、幼稚園から2kmぐらいの距離にある公園に行ったのですが、この程度じゃ~彼は疲れません。だって、この距離は普段の散歩程度だよ~。山に連れてって1000mupの山を3時間くらい登らせたり、10km以上歩かせないとくたばりません。

お風呂入って、ご飯食べ終わりましたが、未だにプレステやってるよ~(無睡)。

そういう僕は、朝4時45分におきて、今日はちょっと長めに朝REXしたから、ちょっと眠いです。

060514














↑テルは右の子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/13

餃子DAY

朝から雨でした。だから、な~んにもしてません。本日は餃子DAY。手作りで79個作りました。う~ん。餃子は美味しい。

内訳は、TANABECK餃子30個+御飯1膳+ビール3本。奥様は餃子(79-30-12-11)個+御飯1膳+チュウハイ1杯。テル(4歳)餃子12個+御飯1膳。トキ(2歳)餃子11個+御飯0.5膳。美味しく頂きました。

060513

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/12

島の朝練

朝REX快調です。朝6時で、既にこんなに太陽があがってます。島の経度は、日本でも結構西の方なので、東に行くともっと朝早いんだろうな~。ちなみに、中央に橋が架かってますが、橋の左側が本州です。右側は僕の住んでる島です。

060512

↑ポチッとしてみてください。大きくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/05/11

DISCブレーキって・・・

DISCブレーキのことが、だんだんわかってきました。パッドにあたりが出てきたようで、よく効きます。以前は、カンチしか使ったことありませんでした。(Vブレーキを飛び越して、ディスクへきちゃったのです。)

しかし、結構この人(ディスクブレーキ)、かなり繊細な奴だということが、わかりました。ちょっとでも、ホイールの取り付けが左右対称でないと、大きな声でワメキはじめます。キーキーって。僕のような適当な人間は、真面目にメンドイです。あーホイール外したくないな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/09

こどもみまもり隊

明日は、大雨です。ゆっくりしよう。

毎日、天気がよければ、自転車通勤です。片道約7km。一旦、島を出て、本土に渡ります。車がとても、怖いので、超ゆっくり走ります。

そして、最近アルバイト先から、こんなの↓配られました。

Kodomomimamoritai



























こども みまもり隊(腕章)。これを、通勤ザックに引っ付けて走っております。最初は、とても恥ずかしかったです(これ、おそらく市内に1万枚とか配ってんでしょうね)。だけど、つけてる人、あまり見たことない。朝、交差点や通学路に立ってる人しかつけてないです。うちのバイト先の人たちは、工事の現場に出るときつけてます(しかし、お昼に子供が工事現場いたら、明らかにその子はおかしいよね)。通勤中、しっかり、こども見守っちゃいます。だけど、でっかい体でソフトモヒカン頭のおじさんが、こんなのつけたら、逆に怪しく見えちゃうかな???

しかし、メリットもあることが最近判明。以前は、狭い道なんかで、車がビューんと自転車の横を抜いていくことがあったのですが、それが少なくなりました。

是非、つけてみて、こども見守ってください。そしてご自身の体もね・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/05/08

朝REX

朝4時40分。おなかが痛くて飛び起きる。とりあえずトイレへ・・・・・。その後、調子が戻ったので、5時まで寝る。guuuuu・・・・。朝の目覚ましの音は、カッコウ(鳥です)の鳴き声です。カッコウ・・・カッコウ・・・・。とりあえずムクッと起き、パンツ1枚になり久々体重計さまに乗らせていただいた。

79.6kg・・・・?重力がおかしくなっているに違いない!!

とりあえず、着替えて、水をグビグビのんだ。

ボトルに水を入れ、REX号に取り付けた。さてさて今日から朝REXです。いつもは、もうちょっと遅く起きて走る(ラン)のですが、自転車で走るには、もう少し早く起きないと車が増えてしまいます。といっても田舎ですが・・・。しかし、本当に結構真面目に走ってた(RUNです)割には、体重が重たい。←体重計が壊れてる?

さてさて、朝REXですが、昨年同様、島内を一周を走ります。だいたい一周すると22kmぐらい?+(プラス)、島の最高峰といっても標高100mちょっと(ただし勾配は10%)ですが、丘クライムしたりしてます。

REX号で、平坦なアスファルト道路を、今日はじめてパッーと走ったのですが、スピード乗るとやっぱり結構いい感じです。26インチよりは早いです。しかし、なんと言うか、ペダリングが今までと、ちーと違うというか?意外と、クルクルまわすと言うよりは、ちょっとパワー駆けて、ゆっくりまわす方が、早く走れるのかな???←まだ、様子見中。

さてさて、明日は雨降んないといいな~。

しかし、アルバイトが結構いそがしいな~。まぁ~時間が解決してくれるから、そのうち居残りもなくなるだろ~な~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/07

ゴールデンウィークが終わります

黄金週間、終わりました。昨日と今日は、天気が悪かったので、家でゴロゴロしてました。そして最終日は、馬鹿食い、馬鹿飲みです。明日からは、またアルバイト頑張ります。朝練はそろそろ、ランから、自転車に切り替えようかな?

Okonomiyaki


しかし、これだけ飲んだら、明日起きれるかな??ビール3本+芋焼酎900CC。微妙です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/06

REX号(VOODOO DAMBALA)インプレッション3

というわけで、REX号インプレッション第3弾

【クロスカントリー】昨日のライドはとっても楽しかったです。REX号で3時間走ったのに、先代のセロー号よりも、疲れ方が全然違う。当然、僕のエンジンはプアーなので、脚の疲れはあります。しかし、なんというか、体の疲れ方が全く違うんです。はっきり言って、相当楽です。

例えば、下りでは、いつもだったら、いろんなとこに力が入って、とにかく走り終わったら、体ギシギシなのですが、それがあまり無いです。

また、登りのセクションも、淡々と走れます。理論的なものは全く解らないのですが、いつも(26インチ)より進んでるような気がします。(※注 しかし、僕の先代セロー号は13年前の自転車でしたので、最新の26インチMTBがどんなものか、全くわかりませんが・・・・。)

しかし、自転車に乗って、疲れにくいということは、僕にとっては相当なアドバンテージです。

そして、当初不安であった、目線の高さ、タイトターンなんかも、あまり不都合を感じませんでした。(タイトターンに関しては、26インチの方が当然小回りが効きます。)

(これらの感想は、全て僕の個人的な感想で、一般的な感想ではありません。しかし、僕にとっては、クロスカントリーの場においては、29erは+(プラス)となる要素の方が大きかったです。また、担ぎ・押しが入るような、山岳サイクリングにおいては、後日インプレッションというか、感想を述べさせていただきます。)

TANABECK:昨日は最後の最後でコケてしまって、ゴメンネ。フレームに傷つけてしまったよ。それに、やっぱり下りでブレーキ使いすぎだったよ。だけど、コースクローズドされてなかったから、勘弁してね。しかし、ディスクブレーキって初めて使ったけど、意外とフェードが早いな??そして、熱持つと音がすごいな~。まぁ僕が下手クソだからゴメンネ。しかし、楽させてもらったよ。

REX号:いえいえ、仕事ですから・・・・。だけど、リアホイール早くも触れが出ましたね。

TANABECK:そうだね。やっぱり、僕の体重からすると、やはりホイールはもっと丈夫なものの方がいいのかな?だけど、昨日のライドから考えると、問題無いようにも思えるよ。

REX号:初期ブレでしょうか?もう少し様子を見ましょう。

REX号:そしてオーナーさん。最後の落車は明らかにライン取りのミスです。

TANABECK:申し訳ないっす。疲れちゃってたみたい。見事に泥沼に突っ込んでしまったね。また、近々別のとこに走りに行こう。

REX号:了解しました。しかしオーナー、重いですね。体重。

TANABECK:・・・・・。スマヌ。夏までには72kgまでおとすから、堪忍して。

(データ:タイヤ空気圧2.5BAR・サスのエア圧2.5BARで60ミリストロークしてました。)

0605051

←REX号よ。恐竜のように見事に同化してますなぁ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/05/05

千畳敷へ

朝5時起床。5時30分に家を出た。日置の千畳敷には7時過ぎに到着。ここは、年に1度、汗汗フェスタ(3時間耐久XCレース)が開催される。REX号(VOODOO DUMBALA 29er)のシェイクダウンに、なぜ、この場所を選んだかというと、このコースの中で、多くの路面状況を確認することができるからだ。登りも下りも、山土、砂利道、粘土系のネチョネチョした路面、アスファルト、コンクリート全てが走ることが可能。

7時30分のちょっと前に、コースに出た。最初は、シングルトラックの下り。慣れてない自転車で、多少不安だったが、下りの途中でそれは笑いに変わった。『ん???なんか、これって乗れてるの?』目線が、26インチのセロー号より10cmぐらい高いのはずなのに随分と安定している。ココのコースは急な下りが1箇所あるのだが、そこもアッサリ。

そして登りのセクションへ。やっぱりセローより早い感じ?がする。登りでは、ちょっとしたギャップがあると、26インチの場合タイヤをとられ、スピードが落ちてしまうのだが、29インチはドカドカ乗り越えていく。とても頼もしい。ただ、ギャップとかそんなの無しで、単に勾配だけを考えたとき、極登坂になったら、26の方が多少有利かな???

走り始めて1時間20分後、1回車にもどり、エネルギーを補充。そして、またコースに出た。楽しくて仕方ない。そんな感じだった。

気づいたら、走り始めて2時間45分たっていた。そして、急に観光客の人たちが増え始め、時折コース上を散歩されているので、そろそろ終わらせようと思い、最後ラスト1周に出た。

ラストはさすがに疲れてたのか?それとも気が抜けたのか?下りのシングルトラックの粘土系ネチョネチョ路面で落車。そこからは、ダウンしながら、ゆっくり車に戻った。3時間のとても楽しいライドでした。

0605052

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/04

ゴールデンウィークだい!!

本日から、四連休に入りました。そして、昼間に240さんに伺って、REX号のスペアチューブと簡易の作業スタンドを購入しました。夕方から、両親と一緒に、川棚に行って、瓦そばを食べて帰ってきました。奥様と子供たちは、そのまま実家へ・・・・。

帰ってきて、パソコンの電源をONにしたら・・・・・。なんと、なんと、あの、GARY FISHER 堂城 賢選手が、こともあろうに、僕のような、超3流、ただのヘタレ自転車乗りのために、わざわざコメントを残してくれました。涙涙涙涙涙・・・・・・・。(以下抜粋させていただきました)

『はじめまして。以前自分の名前を検索していて見つけて以来、楽しく拝見させていただいております。VOODOO29erが納車されたのですね!!ワタクシは、はじめて29erに乗ったときの衝撃が忘れられず、それ以来ずっと29erでレースを走っております。この自転車なら勝てるかもしれないと真剣に思いましたよ。山遊びでも安全で楽しい29er。REX号であちこち走り回ってくださいね。お邪魔しました~。  GARY FISHER 堂城 賢』

ハイ。僕はタカギ選手のコメントに衝撃を受けました。僕もREX号でとことん走ります。そして、これからも、勝手に応援し続けちゃいます。ちなみにタカギ選手は、土曜日、滋賀県でレースです。きっと、タカギ選手のマシンは火を噴くことでしょう。(←燃えることはありません。早いと言う意味。)遠くから応援してます。

本当言うと、29erを欲しくなったきっかけとなったページがhttp://www.fisherjapan.com/team/p01_29er.htmlなんです。29er可能性を感じちゃいました。さて、さて僕の周りにも、29広めちゃいますよ~。

さぁ~。あすは、いよいよ、REX号を山に連れ込むぞ!!

REX号:どこに行きますぅ~?

TANABECK:うん。まだ、君に慣れてないから、とりあえず、担ぎ無しで走れるとこ。

REX号:僕は、日本に来て、まだ間もないんですぅ~。とりあえず、まだ各部のアタリも出てないし、のんびりいきません?

TANABECK:そうね~。じゃー。千畳敷なんでどう?

REX:千畳敷って何処?????

TANABECK:・・・・・・

Rexrearwheel

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/02

REX号(VOODOO DAMBALA)インプレッション2

というわけで、REX号インプレッション第2弾
③【街のり】街のりは、今まで僕が乗った自転車の中で、一番楽。何も考えなくていいです。今までは、段差・凸凹があったら、フロントアップして乗り越えてましたが、REX号にその必要性はあんまりないです。なにごとも無かったように、ポコッって乗り越えます。そして、昨日も書きましたが、サスとタイヤが振動を上手く吸収しちゃいます。正直、舗装道路においては、路面状況なんかあんまり見なくても平気。ほとんど戦車状態です。
そして、乗車ポジションは当然上がってます。よって、目線が高くなってます。オフロードバイクでいうと、市販車のトレールから、腰高のレーサーに乗り換えた感じ?コレは街のりでは結構気持ちよいです。だけどXCレースや、山岳サイクリングの時はどうなるのかな?ちーと不安。
Airsus

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/05/01

REX号(VOODOO DAMBALA)インプレッション1

世の中ゴールデンウィークと言うのに、しっかり一人居残りさせていただいておりました。しかし、官僚さん。〆切5月8日の宿題本日出されても、困るんだよね。

と言うわけで、REX号のインプレッションです。まだ、街中でしか走ってませんが、昨日と今日走ってみた感想です。

①【戦闘モードに入らない】このバイク。今までに無くのんびりとした性格のバイクです。とても、競技をしようとか、ひとよりも早く走ってやろうとか、そんな気に全然なりません。だけど、今年はREX号でレース参戦。しかし、騙されてはいけません。少なくとも、セロー号よりはアベレージスピードは上がってます。

②【乗りゴゴチはクラウン】これはサスペンションの進化+29インチというホイールサイズのおかだと思います。REX号には、マルゾッキのエアサスがついてます。セロー号とは大きく異なり、見事に振動を吸収してくれます。またタイヤもデカイから振動吸収力はかなりアップ。実は、当初心配してた案件の一つに、ホイールの件があって、32穴ハブ+14-15番のバテットスポークが標準装備されており、僕の体重じゃ~こりゃもたんな~と思ってましたが、これだけ振動を吸収してくれるんなら、あんまりホイールにも負担かかってないから大丈夫だろうな~と思いました。

Rexwheel

今日はこのくらいで・・・・・。眠いなぁ~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »